ネットから気軽にご相談ください

治療に関する不安や疑問を解消するために矯正医の田中まゆみがお答えします。

なぜ矯正治療が必要なのでしょうか?

歯ならびが悪いとあごの筋肉が十分に働かず、咀嚼機能も十分に発揮されないので消化器系統への負担が大きくなります。
また、きれいな発音をするには前歯のかみ合わせが重要です。
歯ならびが悪いと虫歯や歯周病になりやすくなり、歯の寿命が短くなります。
豊かで健康的な生活を考えたとき、なくてはならないのが良い歯ならびとかみ合わせです。
また、手で口もとをかくす様な自信のない笑顔では相手に伝わる印象も良くありません。
歯ならびをきれいにして、白い歯とすてきな笑顔を獲得しましょう!

MAYUMI矯正歯科クリニック 院長 田中まゆみ

はじめてですが、予約は必要ですか?

当院は完全予約制です。
事前にお電話またはWEBよりご予約ください。

MAYUMI矯正歯科クリニック 院長 田中まゆみ

矯正治療をはじめる時期は、早い方が良いですか?

矯正治療のはじめる時期については、早ければ早いほど良いとも限りませんし、永久歯になってからともいえません。矯正治療は、はじめる時期により「早期治療」と「永久歯治療」の2つに分けられます。

早期治療
「早期治療」とは、6歳から10歳くらいの間(この時期は乳歯と永久歯が混ざっています)に始める治療のことをいいます。この時期に永久歯がはえそろいやすい環境を作ったり、成長を利用して上あごと下あごのバランスを良くしたり、歯ならびに悪い影響のある習癖(指しゃぶり・爪かみなど)をなくし、それ以上歯ならびが悪くならないようにするのが早期治療の目的です。この時期のお子さんは、順応性も豊かな時期ですし、歯を抜かずに治療できるケースが増えるなどのメリットがあります。

永久歯治療
「永久歯治療」では、永久歯にすべてはえかわってから開始する治療です。11歳から13歳以降が開始の時期になりますが、年齢に関係なく大人になってからも治療が可能です。歯や歯ぐき、あごの骨などの状態が極端に悪い状態でない限り、何歳になっても矯正治療は可能です。矯正治療は子供達のためばかりに行われているわけではありません。

最適な治療時期
症例や治療する患者様の全身の健康状態や成長の度合いよって最適な治療時期は異なります。受診していただければお子さまの成長に合わせた治療をアドバイスできると思いますので、お早めにご相談されることをお奨めします。

MAYUMI矯正歯科クリニック 院長 田中まゆみ

歯を抜かずに矯正できますか?

歯を抜かないで全ての歯を使って矯正治療をするのが基本ですが、抜歯をする場合は科学的でかつ合理性のある判断と、歯科医師の豊富な経験が必要です。
的確な診断によって不必要な抜歯を少なくすることができます。

MAYUMI矯正歯科クリニック 院長 田中まゆみ

矯正治療中に痛みはありますか?

個人差はありますが歯が動き始める2~3日間、歯が浮くような違和感や、咬むと痛いといった症状が現れることがありますが、1週間くらいで何ともなくなるようです。
また、治療期間中毎回というわけではありません。

MAYUMI矯正歯科クリニック 院長 田中まゆみ

治療終了後の後戻りについて教えてください

歯列矯正治療が終了しても安心は出来ません。
移動し終わったばかりの歯ならびは、歯を支える外からは見えない骨の組織がまだ不安定な状態だからです。
移動した位置にしっかりと落ち着かせるためには、固定しておくためのそれなりの装置(リテーナーなど)と時間が必要となります。
3~6ヶ月に1回程度で1~2年間くらい通院していただきます。

MAYUMI矯正歯科クリニック 院長 田中まゆみ

PAGE TOP